生命保険協会県協会 会長 伊藤博氏のあいさつ

生命保険協会富山県協会の会長を務めております、伊藤でございます。

生命保険協会では、「相互扶助の精神」をバックボーンとする生命保険事業の性格から、より良い社会づくりに寄与すべく業界を挙げて「社会貢献活動」に取り組んでおります。
富山県協会では、現在20社(21支社・支店)の生命保険会社が加盟しており、募金による「福祉巡回車」の寄贈、献血活動、平成8年より「介護福祉士養成」のための奨学金制度の実施、平成26年より「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」「元気シニア応援団体に対する助成活動」をおこなっております。

今回の「障害者を支援する団体への助成活動」は平成20年からおこなっており、このたび富山県社会福祉協議会様の推薦により「とやまSCD・MSA友の会わかち会」様と「全国パーキンソン病友の会富山県支部」様に資金助成させていただくことになりました。

この資金助成が少しでも皆様の活動支援になればと思います。
今後のますますのご発展をお祈りして、私の挨拶とさせていただきます。
ありがとうございました。