富山県社会福祉協議会専務理事 車司氏のあいさつ

富山県社会福祉協議会専務理事の車でございます。
生命保険協会富山県協会さんの「障がい者を支援する団体への助成金」贈呈式にあたり、一言ご挨拶を申し上げます。

本日、助成を受けられます「とやまSCD/MSA友の会」さんと、「全国パーキンソン病友の会富山県支部」さんにおかれましては、日頃から、障がい者ご本人やご家族への支援活動にご尽力されておられますことに、深く敬意を表しますとともに、この度、生命保険協会富山県協会さんからの助成金贈呈の対象団体となられましたこと、まことにおめでとうございました。

生命保険協会富山県協会の皆様におかれましては、本日の助成事業をはじめとして、介護福祉士を目指す学生さんへの奨学金の支給や、若いお母さんたちを支援する「子育て家庭支援活動」への助成、市町村社協への福祉巡回車両の寄贈など、本県の地域福祉の推進に大変ご尽力いただいておりますことに、あらためて厚く御礼申し上げます。

地域においては、高齢者・障がい者など、配慮を要する方々への適切なサービスの提供や、制度の狭間にある方々へのきめ細やかな支援などに的確に対応していくことが求められております。このような状況の中、「とやまSCD/MSA友の会」と「全国パーキンソン病友の会富山県支部」の皆様は、ともに障がいのある方々やご家族が安心して暮らせる福祉社会の実現に向けての活動を活発に行っておられます。

私ども富山県社会福祉協議会といたしましても、複雑・多様化するニーズに応えられるよう、行政や福祉団体はもとより、企業、ボランティア、NPOの皆さんと協働し、地域福祉の推進に努めてまいりたいと考えております。
皆様方におかれましては、引き続き誰もが安心して暮らせる地域社会を目指し、様々な支援活動にお取り組みいただきますよう切にお願い申し上げる次第でございます。

終わりに、「とやまSCD/MSA友の会」、「全国パーキンソン病友の会富山県支部」、並びに、生命保険協会富山県協会の今後ますますのご発展と、本日ご参加の皆様の御健勝とご多幸を祈念いたしまして、ご挨拶とさせていただきます。